CONCEPT

広島県廿日市市、世界遺産の宮島が望まれる穏やかな瀬戸内海に面し、波音が聞こえる程に至近な場に建てた、海と共に暮らす絶景住宅です。
折り紙を準えた一枚の白いスラブを軽く折り曲げた建築は、内部の分節を緩やかにし、さらに内部と外部の障壁さえも曖昧にして自然と心を同化します。
螺旋階段を上ると、白く軽やかな屋根とテラスによって切り取られた絶景で視界は満たされ、自らが自然の只中にあるかの様な意識を抱きます。
禅に基づいたミニマムで抽象的な建築は、海や風、空から自然の変遷を感じ取り、抽象性を共にする自然と心が一つに融け合って、自由で贅沢な日常へと誘います。

DATA

  • I-HOUSE
  • Location | 所在地:Hiroshima. Hiroshima | 広島県 広島市
  • Completion | 完成年:2004年
  • Structure system | 構造:Reinfoced concrete | 鉄筋コンクリート
  • Site Area | 敷地面積:265.83㎡ | 80.5坪
  • Tatal Floor Area | 床面積:154.23㎡ | 46.7坪

AWARDS

  • 2014年 モダンリビング大賞 グランドチャンピオン
  • 2006年 第5回ひろしま建築文化賞 <広島県建築士事務所協会> 優秀賞
  • 2006年 第26回INAXデザインコンテスト 金賞
  • 2005年 第1回モダンリビング大賞 最優秀賞
  • 2005年 「まちなみ住宅」100選 <国土交通省> 会長賞
  • 2006年 INTERNATIONAL ARCHITECTURE AWARD <The Chicago Athenaeum主催> BEST33
  • 2005年 バルバラ・カポキン国際建築賞2005 <UIA(国際建築家連合)公認,パドヴァ州建築家協会 主催> 住宅部門 最優秀賞受賞

PUBLICATION