Q&A

Q – 01 : 建物に関する相談は有料ですか。
A – 初回相談は無料です。
何でもお気軽にご相談ください。
ただし、遠隔地に出向いてのご相談には、交通費、宿泊費等を頂く場合もございます。


Q – 02 : 新築以外の相談でも乗ってもらえますか。
A – 勿論、新築、増築、改築に限らず、店舗改装やリフォームまで、相談を受け付けています。


Q – 03 : 敷地が決まっていないのですが、相談は可能でしょうか。
A – はい、可能です。
敷地選定の決定前にご相談いただくと、敷地を選ぶ上でのアドバイスもさせていただきます。
利用に便利、学区内であることなど、敷地の選定には欠かせない事の他に、建築的に安全である場所か、住まう上での環境は大丈夫か等の視点もお伝えします。
敷地選定に幾つかの候補があれば、実際の候補地に出向いて、どちらが良い建築をつくるのに向いているか否かの判断もさせていただきます。


Q – 04 : 斜面や変形地、軟弱地盤など、建てるのが難しそうな敷地は、どう思われますか。
A – 私の事務所では、事務所開設以来、斜面や変形敷地での仕事が、本当に多いです。
どの作品も、その場所が持つ特性を活かしながら、これまでに見た事のない、この敷地だけの、クライアントだけの、唯一無二の素晴らしい作品を生み続けています。
海沿い、山の斜面など、敷地に特徴があるのは、良い建築をつくるには、とても向いています。
敷地が持つ有利なポイントを大きく拡張し、不利なポイントを建築の力で反転して、輝く様な建築を生み出します。
但し、こうした敷地は、設計や施工に時間がかかる事や、地盤の補強などに予算が喰われる事があるのが難点です。
それらの難点を乗り越えて、世界で一つしかない建築をつくる絶好の機会だと思っています。


Q – 05 : ホームページや雑誌を見ると、写真から生活感が感じられませんが、どうしてですか。
A – 私が保有する写真は、全て工事が完成した瞬間に撮影したもので、利用される前のものです。
建築家の世界では、基本的に建築の写真から生活感を除いたものが必要とされます。
生活者のセンスや使い方を持ち込まず、素の建築の在り方が少しでも分かる事が求められるからです。
それらの写真を使っているので、生活感は感じられないはずです。


Q – 06 : これ迄につくられている建築には、まるで同じものがなく、自分の敷地、自分の予算、そして自分達に向けてつくる建築の完成した感じや使っている雰囲気が想像できません。
そうした不安には、なにか対処出来るでしょうか。
A – クライアントの条件に近い、これ迄に完成した過去の作品を訪問していただく事が出来ます。
実際に建っている感じや、その中での暮らしぶりを体感していただき、どこが好きで、どんなところが自分達には気になるか等をチェックして頂き、その感覚を反映して設計します。
あくまでもフルオーダーメードの建築ですから、同じものは世界に一つもなく、設計前にこれから設計する建築を説明する事はできません。
その為、過去の作品のクライアントに会い、建築を体験すれば、概ね解消されると思います。


Q – 07 : 遠隔地でも設計は可能ですか。
A – 日本中は勿論の事、世界中どこでも行き、設計します。
交通費、宿泊費等はご負担いただきます。


Q – 08 : 工事が難しそうですが、遠隔地だと仕上がりが不安です、如何でしょう。
A – 確かに工事が難しいのは、お察しの通りです。
但し、私の事務所が 30年以上に渡って、遠隔地を含めて作品が作れているのも事実です。
施工業者とのコミュニケーションや、気持ちを一つにすれば、どんなに離れていても美しく完成します。
私の事務所では、そこを怠らず共に完成に向けて進む結果、ほぼ同じクォリティに仕上がっています。
予算ばかりで無く、建築への愛情を含めて施工業者を選ぶことも大変重要です。


Q – 09 : 相談後の進め方を教えてください。
A – ① 相談の結果、納得したところで契約を交わします。
② 契約には、設計と監理料を定め、その金額を月毎に分割し、支払っていただきます。
③ 設計に入ってからは月に一度から二月に一度お会いして、進行状況をお伝えします。
④ ある程度、理解して頂けるところまで進んだ時点で、プランやデザインの話へと進みます。
⑤ 設計にクライアントの了解が得られたところで、構造計算や細部のデザインを煮詰めます。
⑥ 工事の見積もりを依頼して、施工業者の選定と予算を確定させ、施工業者と契約して頂きます。
⑦ その後、確認申請を取り、工事に入ります。
⑧ 工事中は私達は監理業務として、施工業者に作品を完成させてもらえる様導きます。
⑨ 工事が完成した時点で、設計監理料の残額を清算して頂きます。


ご興味ある方はお気軽に下記フォームからご連絡ください。