MA-HOUSE

愛媛県松山市の都市部の中で、開放的なオアシスのような住宅です。
平面から立体化する折り紙に準えて、白いコンクリートスラブを細長いトンネル状に折り込みながら屋内と屋外を混在させ、内外の境界が曖昧な空間を、そして建築を創り出しました。
地震や台風に耐え得る構造体の間に設けた水庭は、光や風の動きからキラキラと輝く水面の煌めきを天井や壁に映し出し、建築に自然の気配をまとわせます。
室内に居ながら自然の只中に居るような、そんな空間での日常は、内部と外部、心と自然、全てを隔てる境界を失わせ、何処までも伸びやかな自然と融け合い、心に深みからの自由をもたらします。

MA-HOUSE 外観

MA-HOUSE 外観

MA-HOUSE 室内

MA-HOUSE 室内

MA-HOUSE 室内

MA-HOUSE 室内

MA-HOUSE 室内

MA-HOUSE 室内

MA-HOUSE 室内

MA-HOUSE 室内

MA-HOUSE 室内

MA-HOUSE 室内

MA-HOUSE 室内

 

MA-HOUSE

Matsuyama. Ehime
2006 – 09
Structural system;
Reinfoced concrete
Site area: 296.88㎡
Footprint area; 148.58㎡
Tatal floor area; 168.15㎡


ご興味ある方はお気軽に下記フォームからご連絡ください。